読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまらぼ

日本を離れて約5年。アジアに生息中。読書、ニュース、プログラミング、マンガ、海外生活など思った事をつらつらを書いてきます。

2016年読んだおすすめサスペンス・ホラー小説 初心者用

去年ホラー小説に少しはまりました。

今まで全然読まなかったジャンルだったんだけど意外とハマるっていう。

2016年に発売されたものではないです、すみません。

 

好きな人からすると有名な作品ばっかなので、今まで僕のように敬遠してた人向けです。Kindleで購入可能のもののみ。

黒い家 (角川ホラー文庫)

黒い家 (角川ホラー文庫)

 

 この本がキッカケでこのジャンルにハマりました。

幽霊とかは一切出てこない。リアルな世界観に引き込まれ、怖いけど続きが気になる〜って感じで読みふけてました。

超おすすめ。 

青の炎 (角川文庫)

青の炎 (角川文庫)

 

黒い家を見てから貴志祐介の本を読み漁ったわけですが、その中でも難しくなく一回目でもスッと 入ってくる。寝る前にサクサクっと読めるボリューム感です。

青少年の葛藤を描いた作品。もっと若いときに読みたかった。

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)

 

 とあるブログで紹介されてたので試しに読んでみた。

コレ怖いし、方言が同じなので変なドキドキ感。ちなみにぼっけぇ、きょうてえは岡山弁で凄い怖いという意味です。

岡山駅の近くにぼっけぇラーメンていうラーメン屋があったなぁ。。。

 

この3冊は手にとっても間違いなく楽しめるのでどーぞ。

この辺で。