読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やまらぼ

日本を離れて約5年。アジアに生息中。読書、ニュース、プログラミング、マンガ、海外生活など思った事をつらつらを書いてきます。

やまらぼプロフィール

f:id:yama-labo:20160309033137j:plain

プロフィール 

性別:♂

年齢:30前後

家族:未婚

出身:日本の西側の田舎出身

居住地:5年前から中国と香港で生活。アジア圏を中心に仕事してます。

仕事:IT企業。ファウンダー兼役員。

 

好きなこと

ハマりやすく飽きやすいのでコロコロ変わるんだけど大体こんな感じ。

 

  • 読書(マンガ含む)

活字は年間100冊を目標。マンガは数えきれないくらい読んでるかと。

  • 写真撮影

最近サボり気味。

  • 映画鑑賞

専ら洋画専門。英語の勉強も兼ねてちょくちょく見るようにしてる。

お気に入りはセント・オブ・ウーマン、ニューシネマパラダイス、フォレスト・ガンプ

  • 飲み会

お酒は良いよね。 月に1度は仕事抜きで飲みに行くことが目標。

  • 新しいもの・事探し

自分が知らないものや事に出会うのが凄い好き。

  •  仕事

ヒマがあると仕事してます。仕事の合間に何かをしています。

 

スキル的なもの

企業立ちあげの人ナシ・金ナシのところからスタートだったので、プログラミングから企画、営業、プロジェクトマネジメント、会計まで何でも広く浅く色々してきました。(逆に専門がないっていう。。)

全て独学で学んできたので未だに本当に正解か分からずやってしまってるところがあります。

 

最近では有り難いことに誰でも知っているような大企業のプロジェクトで僕の歳では中々つけないようなポジション・権限を持たせてもらいPMやマーケティングのコンサル、責任者などを経験させてもらったりしています。その傍ら自分たちのプロダクトの開発の設計・ディレクション・コーディングしてます。

あとは諸々社内マネジメント関連もやってます。

 

ブログ運営の目的

自分の考えを文章として発信する場所が欲しいと思ったので。(文章書くの上手くなりたい!)

 

大学院卒業後スタートアップ立ちあげに参画して、日本を離れて中国、香港、台湾、シンガポールなどで細々ながら現地のスタッフや商慣習、文化の違いなどに四苦八苦しているのでその辺の情報を見てくれる人に共有出来れば良いかな。

 

海外に居住することになった理由・いきさつ

昔から海外で仕事したい!や住んでみたい!ってタイプでもなく海外旅行もほとんど行ったことなかったんだけどざっくり言うと何となく。

海外志向は全然なくて今でも日本が1番良いし、どっちかと言うと出たくないっていう・・・。

 

プロダクトを世界中に広げたいと思っていて、日本から発信すると言葉やユーザー対応(日本のユーザーは色々細かいていう勝手なイメージ)対応に追われてユーザー数を伸ばす、国外のシェアを取るという点で不利だとずっと昔からなんとなく感じてた。

そこでちょうど海外のインベスターから投資を受けて海外で仕事するのかっこ良くない?くらいのノリです、ハイ。

 

語学力は凄い下手な英語のみ。(日常会話くらい)

これでも大分上手くなったほう、来た当初は本当に下手でコミュニケーションにも困るレベル。。英語話せなくても出てみたら何とかなる!・・はず。

 

海外で仕事する事の良いところ

日本にはない苦労ややりがいは色々あると思う。もちろん日本にしかない苦労ややりがいもあると思う。(打合せとか資料の多さとかね。。)

 

特にマーケティングのような現地の人相手の仕事だともろに文化や言葉、生活スタイルなどなど知らない事・勉強しないといけない事がいっぱいで。。

その中でなんかプランやクリエイティブ(バナーやチラシ1つでも)を日本人目線で作るわけですよ。そこで結果がダイレクトに返ってくるわけですよ。

・上手く行った場合

 スゲー!日本のやり方はやっぱり海外でも通用するぜ!!

 

・上手く行かなかった場合

 クソー!やっぱ考え方が違うんだな!オモシロイね!勉強になる!

 

って両方どっちに転んでも凄い楽しいというか。

個人的には日本大好きな人ほど海外に出て仕事すると楽しいんじゃないかなって思う。

 

海外で仕事したいけどっていう人は力になれるか分からないけど相談貰えれば乗りますよー。

 

ブログで書こうと思っていること

ビジネスのこと、海外生活のこと、読書・マンガ、語学のこと、ITやベンチャー企業についてのこと、日々のニュースなどなど。

まぁ、思いついたことをつらつらと書いていきます!

 

 人生の目標

とりあえずの目標は会社をアメリカで上場させる事。

 

日本を離れると凄い分かる日本ってもうヤバイ感、、ただそれと同時に日本人じゃないと出来ない事、凄い惜しいと思うことがたくさん。

 

ソフトウェアの世界では日本は全然遅れていて、流行るサービスはアメリカのサービスばっか。

自分たちのプロダクト・サービスがアメリカで流行って、さらに世界中で使われるようになる事が当面の目標です。